FC2ブログ
2015年6月18日 あの宗次ホールで、ポウジンゾンさん(テノール)、ウンドスさん(馬頭琴・ホーミー)、クリスティアンさん(ピアノ)のコンサートが行われました。タイトルは~大草原にこだまするモンゴルの響き~です。
2015.6.18宗次ホールコンサートチラシ



開場して間もなくの客席とステージです。2階の客席から撮影してみました。
こじんまりしたこのホール、ステージと客席が近いこととオーナーのこだわりもあって、音の良いことで評判のホールなのです。
宗次ホールのステージ


さて、今回はカメラ取材できる許可をいただいていないので、申し訳ありませんが、本番中の写真はありません。あしからず。
そんな訳で、いきなり終演後のホワイエの風景です。あ、本番が素晴らしい演奏だったことは言うまでもありません。
2015.6.18.終演後のホワイエ 1
2015.6.18 終演後のホワイエ2
ウンドスさんほか

このあとは、出演者とご希望のお客様とで打ち上げです。
会場は、おなじみ、ホールから歩いて1分モンゴル料理店「シンキロー」 です。
モンゴル衣装を着て、自己紹介、歌、馬頭琴などなど。30名あまりのお客様で楽しく過ごし、あっという間に時間が来てしまいました。
打ち上げ風景2
打ち上げ風景1





2015.06.29 Mon l モンゴルの仲間たち l コメント (0) トラックバック (0) l top
毎年5月に開催されるこの「橋の下世界音楽祭」……
今年も愛知県豊田市の豊田大橋という橋の下(河原)で開催されました。

サブタイトルはSOUL BEAT WORLD 2015です。
WORLDなんて、そんなデカイ名前つけて大丈夫か? いえいえ、それだけのことはあります。サービス精神と遊び心が満載。お客さまにとにかく楽しんでもらおう、そのためには何でもやっちゃおう、という心意気が伝わってきます。わずか3日間のためにここまでやるのか、と驚くようなプログラムや仕掛けがいっぱい。その努力には感動さえ覚えるほどです。

主催者のちらし。個性的でしょ?
橋の下世界音楽祭2015のチラシ

サランモルは昨年初めて参加したのですが、メンバーはすっかりその妖しい魅力のとりこになってしまいました。
待ちに待った (笑) 今年の「橋の下」……。サランモルは去年よりもパワーアップしての参加です。今年はウンドス君に加えて、ドガラさん(モンゴル男性舞踊)が参加してくれたからです。

さて、私たちサランモルのミッションはふたつ。
ひとつは馬頭琴体験とモンゴル衣装試着の青空教室を開くこと。いわゆるワークショップですね。
ふたつ目は「草原ステージ」でのミニコンサートです。


青空教室はこんな東屋(あずまや)でやりました。主催者さんが竹と「よしず」で作ってくれたのです。もう感謝感激。
サランモルのブース

周りは気持ちのよい草の原っぱ。いろいろなお店のブースが点在していて、もう少し遠くにはキャンプのテントが20~30はあるでしょうか。モンゴルのゲルも建っています。ここはモンゴル草原だったのかと錯覚しそうです。


馬頭琴とモンゴル衣装試着の体験風景。
体験風景
モンゴル衣装試着

いろいろなお客さまが私たちの体験コーナーを訪れてくださいました。
「去年馬頭琴を弾かせてもらったけど楽しかった。今年も来ましたよ」というお客さまがいらっしゃいました。こんな声を聞くと励みになります。
脇目もふらず2時間も熱中して、曲をみっつも弾けるようになられたお客さま、お疲れさまでした。一緒に馬頭琴やりませんか。
ご夫婦で衣装を着て馬頭琴を弾かれたお客さま、ほほえましく拝見しましたよ。
目の前で弾くウンドスさんの演奏を目を丸くして驚嘆の面持ちで見つめていたご夫婦のお客さま、初めての馬頭琴はいかがでしたか? いいでしょ?
朝からブースに入りびたりで馬頭琴をいじっていた小さなお嬢ちゃん二人、パパママは心配していないの? 大きくなったら馬頭琴やろうね。


ドガラさんとウンドスさんは、ラム肉の串焼きの店を出店しました。千客万来。時にはお客さまが並ぶほど…。近くに生ビールの売り場があって、生ビールを買ったお客さまは美味しそうな匂いにたまらず串焼きを買ってしまう、という仕掛け(笑)です。(赤いカウボーイハットはリロちゃん)
串焼きコーナーで
串焼きコーナーでサランモル


さて、2日目の昼前、サランモルのミニコンサートの始まり始まり~っ! 会場はその名も「草原ステージ」です。

まずはじめに、ウンドスさんのホーミーと馬頭琴をYoutubeでどうぞ。全画面に拡大がおすすめです。



次はモンゴル舞踊のドガラさんです。 (サランモルの演奏シーンは、取材者の私も出演するため撮影できませんでした)



取材の私(T)は、体験コーナーのヒマをみつけてカメラ片手に会場を見て回りました。このブログをご覧に方に、せめて写真で会場の雰囲気を味わっていただきたい。そこで55枚の画像をスライドショーにしてみました。これもYoutubeでどうぞ。全画面で見るのがおすすめです。


音が入っていないし、動画じゃないから臨場感がイマイチ??  はい、ごもっとも(汗)。
Youtubeで「SOUL BEAT WORLD 2015」と検索すると他の方の動画がたくさん見つかります。迫力ある映像がいっぱいです。ぜひ異次元の世界を動画でのぞいてみてください。


音楽祭」と名がついているから音楽だけか!? 
スライドショーを見ていただくとお分かりと思いますが、そうじゃないんですね。建ち並ぶブース(まともな、あるいは妖しげな品・食べ物を並べている)、ふいごで火を起こしトンカチやってる鍛冶屋さん(2店)、阿波踊りが練り歩き、何とも不思議な「ろくろく首」とアホウドリの行列(大編成の太鼓バンドつき)、子ども相撲の土俵、ジャングルジム、竹で作られたティピーやモンゴルのゲル(移動式住居)が建っていて、ツリーハウス、ほっつき歩くイヌ、破れ障子の江戸の長屋、いなせな火消し姿のおにいさんお姐さんなどなど、パンドラの箱をぶっちゃけたような、異次元かつ世紀末の世界なのです。目まいがします。
そうそう、ミニミニ銭湯までありました。名付けて「ぬ湯」。これはもう涙ものです。(キャンプで2泊~3泊されるお客さんがいるからでしょうね。主催者の心配りには脱帽です)


さて、橋の下世界音楽祭2015が終わっちゃいました。
サランモルのブースを訪れてくれたお客さまたち、どんな感想を持たれたでしょうか。「モンゴルの衣装を着たり馬頭琴を弾いたりで、楽しかった。また来年もやってみたいな」と思っていただけたら嬉しいです。さらに、サランモルに入って馬頭琴をやってみたいと思っていただけたら最高なんですが……。

主催者の皆さま方、お疲れさまでした。お世話になりました。採算は大丈夫でしたか? 心配してます。来年も続けてください。サランモルにも声をかけてくださいね。



2015.06.01 Mon l サランモルの活動 l コメント (5) トラックバック (0) l top
春の風かおる5月3日。快晴。
「愛岐トンネル群」は普段は会員だけの世界で静かなのですが、この日は「愛岐トンネル春の公開」の期間中ということで、大賑わい…。明治の産業遺産である赤レンガ造りのトンネルと、新緑の山々が春の陽ざしに輝いていました。
※愛岐トンネル群について詳しく知りたい方は、私たちの昨年秋のブログ記事をご覧ください。こちらです。


この日、この「愛岐トンネル」で私たちサランモルが演奏しました。
以下、サランモルのステージのレポートです。


ステージが始まりました。
まず、サランモルの6人の馬頭琴演奏。6人そろう機会は少ないので嬉しいです。4曲演奏しました。
サランモルの演奏風景。6人の勢揃い

ミニコンサートの会場はレンガ広場と名づけられた場所です。ステージの床は名前の通りレンガ敷き。
この箇所の中央線は115年前に開通したのですが、トンネル工事中にたびたび崩落事故があったとのこと。その際に放棄された赤レンガをトンネルの会員が拾い集め、広場に敷き詰めてこのステージができたとのことです。


次はNさんのソロです。叙情あふれる演奏でお客さまの感動を呼びました。
Nさんと客席風景
Nさんと客席風景(近景)


サランモルのホープ、ウンドスさんのホーミー弾き語りです。
彼のホーミーは、高い澄んだ声と、ドローン(通奏低音)の声、さらに、ありえないほど低い声と、三つの声を駆使して変化に富んでいます。多くのお客さまにとって、きっと初めて聞くホーミーかもしれません。その大迫力に聴き入っておられました。そのステージをYoutubeの動画でお楽しみください。


30分のステージ。最後は、今日のステージの目玉、モンゴル舞踊のドガラさんです。愛岐トンネル初登場!!
躍動感あふれる踊りに、お客さまは息をのんで……。
ドガラさんと客席風景
踊るドガラさん
ドガラさんの踊り3
ドガラさんの午前のステージの演目は「遊牧民のよろこび」。 午後は「オトル」でした。(オトルとは、遊牧民の愛してやまない遊牧生活のことだとか)
ドガラさんの迫力満点の踊りは、ほんとは動画でご覧いただきたかったのですが、録画が不調で、やむなくスチール画像だけになっちゃいました。それにドガラさん、レンガ敷きの不整地で踊りにくかったことでしょう、申し訳ない。


30分のステージはあっという間に終わりました。お客さまの反応も上々で、手ごたえあるステージでした。

おや、観覧スペースの後ろに人だかりが……。
ウンドス君が開いた小さなお店でした。「モンゴルのことを少しでも知ってもらいたい」というのが彼の思いとのこと。そのお店では揚げパンとモンゴルの土産品などが並びました。押すな押すなの大繁盛でしたよ。
お店は大繁盛
お店は押すな押すな
お店番はウンドス君のほかにI さん、Fさんでした。お疲れさま。

愛岐トンネル6回目?のステージが終わりました。午前と午後、2回の公演でした。
馬頭琴やホーミーのほかモンゴル舞踊も初登場で、多彩な内容にお客さまには大好評だったのではないでしょうか?(自画自賛)。個人的にはドガラさんのモンゴル舞踊を久しぶりに見れたので感激してしまいました。

次回の愛岐トンネルでのコンサートは、11月下旬の秋の公開です。よいステージにするためもっと精進しなくては…。ドガラさんもまた踊ってね。




2015.05.08 Fri l サランモルの活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
3月8日日曜日、恵那市岩村町で「ほほえみをあなたに」のコンサートが開催されました。
そのチラシです。(画像をクリックすると拡大表示)
岩村コンサートチラシおもて岩村コンサートチラシうら

私Tが徹底取材してきました。
行かれなかった方でも行った気になれる、詳細レポートを3回に分けてお届けします。
では、【その1】リハーサルと第一部からどうぞ。

3月8日、まずまずの天気。ここ恵那市岩村の町は、城下町の風情を楽しむ人でにぎわっていました。
古い街並みの家の店先をのぞいたり、買い物を楽しんだり…。
岩村では町を挙げてひな祭りが行われ、家々にはお雛様が飾られて、窓越しに楽しむことができるのです。下はひなまつりのチラシです。今日のコンサートのこともチラシに載っていました。
岩村ひなまつりチラシ おもて岩村ひなまつり 裏
岩村町の観光サイト「ほっといわむら」はこちら

ひな祭りをゆっくり見たかったのですが、泣く泣くコンサート会場の「岩村コミュニティーセンター」へ。
岩村コミュニティーセンター

このホールにも段飾りのお雛さまが飾られ、そこだけもう春色に染まっているかのようでした。
ガラス越しに見るお雛さま
おひなさま

■ リハーサル
リハーサルが始まりました。中央はポウジンゾンさん(テノール)とリボーさんです。
リハが始まった。

リハーサル風景。念入りに打ち合わせします。
左から山元哉司子さん(MCと語り)、NORIKOさん(歌)、リボーさん、海老原真二さん(シンセサイザー)
多幸詩さん、NORIKOさん、海老原さんと

リハーサル途中のクリスチャンさん(ピアノ)。
下から手を伸ばしているのはポウジンゾンさん(テノール)です。仲のよい二人のこと。きっとふざけあっているのでしょう(笑)。
ちなみに、クリスチャンさん(ドラゴス・クリスティァン・アガピエ)はルーマニア出身のピアニストです。
ピアノのクリスチャン


■いよいよ開場!
開場とともにお客さまがぞくぞくと集まっていらっしゃいました。ありがたいことです。
開場して間もなく、ほとんど満席となったため、一斎塾のボランティアの方たちは椅子の追加に大忙しでした。私もお手伝いしました。(汗)
開場してお客さまが続々と
こんなあでやかなお客さまも。
こんなお客さまもいらっしゃいました。さすが城下町!?
子どもたちも大勢来てくれました。
子どもたちも大勢来てくれました。

本番が始まりました。
引き続き【その2】をご覧ください。









2015.03.12 Thu l リボーの馬頭琴コンサート l コメント (0) トラックバック (0) l top
■コンサート本番
いよいよ本番。第一部が始まりました。
まず主催者である「いわむら一斎塾」の理事長さんと恵那市長さんのご挨拶です。
一斎塾の会長さまご挨拶恵那市長殿ご挨拶

リボーさんの馬頭琴とウンドスさんのホーミーでオープニング。
続いてポウジンゾンさんが「草原の太陽」を朗々と歌い上げます。


「草原情歌」です。 
中国青海省の民謡を元に作られた歌で、日本でもよく知られています。昭和30年代の歌声喫茶ではトップ10に入るほど歌われた歌だとか。


「ほほえみをあなたに」 
羽谷久美子作詞、ポウジンゾン作曲による子どもたち若ものたちへの応援歌です。「自由に空を飛べるはず」「愛する人に出会うはず」と若ものたちを励まします。


叙事曲「スーホの白い馬」  
山元哉司子さんの語りと、作曲者であるリボーさんの馬頭琴とでお聞きいただきます。


「荒城の月によせて」  
日本の名曲をリボーさんがアレンジしました。


佐藤一斎の著書「言志四録」からの言葉の朗読です。
言志四録の中から珠玉の言葉を選び、山元哉司子さんが朗読します。リボーさんが自作の「命の祈り」で伴奏します。

美濃岩村藩出身で、幕末の日本の歩みに大きな影響を残した偉大な儒学者、佐藤一斎。彼の業績をたたえ、彼の教えを現代に生かすために、彼の著書「言志四録」を学ぶ活動が盛んです。今回のコンサートもその活動の一つとして開催させていただくことになったのです。

ここでリボーさんのあいさつ。 
アメリカやカナダでの活躍が長くなり英語もペラペラ?のリボーさんですが、日本語も覚えてくれているかな?


リボー作曲「スーホの白い馬」の合唱
恵那市の小学生の皆さん20人近くがステージに上がり、元気に合唱してくれました。
(この歌の前に、ステージの子どもたちによる「まんまるオーケストラ」の合唱があったのですが、録画ミスでUPできませんでした。ごめんなさい)。


これで「ほほえみをあなたに」コンサートの第一部が終わりました。10分の休憩のあと、第2部です。
続きは取材記【その3】をご覧ください。


2015.03.11 Wed l リボーの馬頭琴コンサート l コメント (0) トラックバック (0) l top