上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
11月22日、上天気。
サランモルは今年の秋も愛岐トンネルでミニコンサートに出演しました。

「愛岐トンネル」と書きましたが、「NPO法人愛岐トンネル群保存再生委員会」が保存・整備を行っている旧国鉄中央線の廃線跡地のことで、明治30年代に作られた赤煉瓦のトンネルが会場内に4基残っているのです。
(詳細は、本年5月などの過去の記事をご覧ください)

サランモルの出演者はウンドスさん(馬頭琴とホーミー)、ドガラさん(モンゴル舞踊)、ほかにYさんと私の4人でした。
取材の私も出演者のため、残念ながら写真は少ないです。

ウンドスさんの馬頭琴とホーミー。 会場の雰囲気がわかりますね。
ウンドスさんの馬頭琴
ウンドスさんの馬頭琴とホーミー


この日、会場は大勢のお客様で大賑わいでした。
紅葉の時期なのですが、気温が高めの日が多かったせいか、モミジの色づきはイマイチでした。

ドガラさんのモンゴル舞踊。勇壮な男性舞踊に、会場は沸きました。
ドガラさんんの舞踊
ドガラさんの舞踊



サランモルは愛岐トンネルのミニコンサートにもう6回くらい出演しているでしょうか。
愛岐トンネルのミニコンサート担当の方には、メインとなる日曜日の枠にしっかり予定していただいているようです。有難いことです。

これは別のグループのステージ風景です。
高蔵寺ファミリーバンドのステージ風景


最後に、愛岐トンネル関連の話題をもう少し。
筆者もこの愛岐トンネルの会員になって活動しています。初めてミニコンサートに出演して以来、愛岐トンネルの魅力のとりこになり、早速入会し、作業に汗をかいているのです。
整備作業のほか、春と秋の公開時には、子どもたちに楽しく遊んでもらえるような遊具?を作り、展示します。前回までは「登る遊具」でした。今回はそれに加えて「木琴と竹琴」です。廃線跡地に生えているツバキの木と、竹を使って作りました。
ドレミファソラシドと2オクターブほどの音階が出るので、なんとか曲が弾けます。

木琴と竹琴
木琴と竹琴の会場風景

遊んでもらえるのか心配しながら展示したのですが、杞憂でした。子どもたちだけでなく、大人の皆さんまで楽しそうに遊んでくれました。
また次は何を作ろうか…。来年春の公開が待ち遠しい筆者です。



2015.12.30 Wed l サランモルの活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
木曽馬のふるさと、そして美味しいソバで知られる、長野県木曽町の開田高原…。
その開田高原の町おこしのグループからお声がかかりました。日にちは9月6日です。
地域の文化祭のアトラクションとしてモンゴルの馬頭琴、歌、そして踊りのコンサートをやって欲しいとの有難いお申し出です。
もちろんサランモルは大喜び。
出演者、家族、友人知人……10人ほどが開田高原に集結しました。

その催しのチラシです。
開田高原文化祭のチラシ


前夜は開田高原のとあるペンションで、町おこしのグループ(2団体)の会員の方々と交流会が行われました。
詳細は書きませんが、なんと楽しかったこと。また、皆さんの町おこしにかける思いの深さに打たれたのでした。

さて、本番当日。残念ながら小雨。でも会場の体育館には大勢のお客様がお越しくださいました。
オープニングです。
開田高原文化祭 オープニング

ウンドスさんは、馬頭琴のあと、トプシュールを弾きながらのホーミーの演奏。トプシュールは珍しい民族楽器です。彼が新疆ウイグルへ行ったときに買い求めたのだそうです。
ウンドスさんがトプシュールでホーミー

ドガラさんのモンゴル舞踊。草原で暮らす遊牧民たちの息遣いが伝わってきます。
ドガラさんのモンゴル舞踊

ポウジンゾンさんの歌。 何曲か素晴らしい歌声を披露した後は、彼の歌に合わせてお客様にも「故郷」を歌っていただきました。ポウさんとお客様とで「故郷」を歌いました

もちろん、このあとお客様には馬頭琴体験と安代舞の踊りもやっていただきましたよ。

次の写真で「開田高原文化祭」の会場風景をご覧いただきましょう。
文化祭会場風景-麻織物
開田高原文化祭会場風景


開田高原とサランモルとは、深いご縁があるのです。キーワードは木曽馬とモンゴルでしょうか。
過去に4回ほどコンサートを開いています。これでまた1回、思い出を積み上げることが出来ました。
開田高原の皆様、ありがとうございました。
木曽御岳山の噴火で観光客の足が遠のき気味と聞きます。風評被害を克服し、開田高原に大勢のお客様が戻るよう、願っています。





2015.10.30 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
小学校での出前授業が一番メインの活動なのですが、小学校以外でも招かれれば幼稚園・保育園へ行くこともあります。
今回も、愛知県A市の保育園からお声をかけていただき、出掛けてきました。

この保育園では皆さん「スーホの白い馬」の絵本が大好きで、歌まで作っているのだとか…。
独自の教育方針で運営されていて、子どもたちは実にのびのびしています。自分の意見もはきはきと発表できます。
こんな保育園で幼い時期を過ごせる子どもたちは幸せだなと思いました。

さて、今回は、卒園してからも、保育園に顔を出しているようで、卒園児も含めて15め名ほどだったでしょうか。お母さん方、先生方もたくさんお集まりでした。
クイズやお話、馬頭琴の体験、歌、衣装の着付け、踊りなどで、とても楽しい時間を過ごしてくれたようです。

では、写真を少しだけ。
保育園出前授業風景
保育園出前授業風景






2015.08.29 Sat l 「スーホの白い馬」出前授業 l コメント (0) トラックバック (0) l top
2015年6月18日 あの宗次ホールで、ポウジンゾンさん(テノール)、ウンドスさん(馬頭琴・ホーミー)、クリスティアンさん(ピアノ)のコンサートが行われました。タイトルは~大草原にこだまするモンゴルの響き~です。
2015.6.18宗次ホールコンサートチラシ



開場して間もなくの客席とステージです。2階の客席から撮影してみました。
こじんまりしたこのホール、ステージと客席が近いこととオーナーのこだわりもあって、音の良いことで評判のホールなのです。
宗次ホールのステージ


さて、今回はカメラ取材できる許可をいただいていないので、申し訳ありませんが、本番中の写真はありません。あしからず。
そんな訳で、いきなり終演後のホワイエの風景です。あ、本番が素晴らしい演奏だったことは言うまでもありません。
2015.6.18.終演後のホワイエ 1
2015.6.18 終演後のホワイエ2
ウンドスさんほか

このあとは、出演者とご希望のお客様とで打ち上げです。
会場は、おなじみ、ホールから歩いて1分モンゴル料理店「シンキロー」 です。
モンゴル衣装を着て、自己紹介、歌、馬頭琴などなど。30名あまりのお客様で楽しく過ごし、あっという間に時間が来てしまいました。
打ち上げ風景2
打ち上げ風景1





2015.06.29 Mon l モンゴルの仲間たち l コメント (0) トラックバック (0) l top
毎年5月に開催されるこの「橋の下世界音楽祭」……
今年も愛知県豊田市の豊田大橋という橋の下(河原)で開催されました。

サブタイトルはSOUL BEAT WORLD 2015です。
WORLDなんて、そんなデカイ名前つけて大丈夫か? いえいえ、それだけのことはあります。サービス精神と遊び心が満載。お客さまにとにかく楽しんでもらおう、そのためには何でもやっちゃおう、という心意気が伝わってきます。わずか3日間のためにここまでやるのか、と驚くようなプログラムや仕掛けがいっぱい。その努力には感動さえ覚えるほどです。

主催者のちらし。個性的でしょ?
橋の下世界音楽祭2015のチラシ

サランモルは昨年初めて参加したのですが、メンバーはすっかりその妖しい魅力のとりこになってしまいました。
待ちに待った (笑) 今年の「橋の下」……。サランモルは去年よりもパワーアップしての参加です。今年はウンドス君に加えて、ドガラさん(モンゴル男性舞踊)が参加してくれたからです。

さて、私たちサランモルのミッションはふたつ。
ひとつは馬頭琴体験とモンゴル衣装試着の青空教室を開くこと。いわゆるワークショップですね。
ふたつ目は「草原ステージ」でのミニコンサートです。


青空教室はこんな東屋(あずまや)でやりました。主催者さんが竹と「よしず」で作ってくれたのです。もう感謝感激。
サランモルのブース

周りは気持ちのよい草の原っぱ。いろいろなお店のブースが点在していて、もう少し遠くにはキャンプのテントが20~30はあるでしょうか。モンゴルのゲルも建っています。ここはモンゴル草原だったのかと錯覚しそうです。


馬頭琴とモンゴル衣装試着の体験風景。
体験風景
モンゴル衣装試着

いろいろなお客さまが私たちの体験コーナーを訪れてくださいました。
「去年馬頭琴を弾かせてもらったけど楽しかった。今年も来ましたよ」というお客さまがいらっしゃいました。こんな声を聞くと励みになります。
脇目もふらず2時間も熱中して、曲をみっつも弾けるようになられたお客さま、お疲れさまでした。一緒に馬頭琴やりませんか。
ご夫婦で衣装を着て馬頭琴を弾かれたお客さま、ほほえましく拝見しましたよ。
目の前で弾くウンドスさんの演奏を目を丸くして驚嘆の面持ちで見つめていたご夫婦のお客さま、初めての馬頭琴はいかがでしたか? いいでしょ?
朝からブースに入りびたりで馬頭琴をいじっていた小さなお嬢ちゃん二人、パパママは心配していないの? 大きくなったら馬頭琴やろうね。


ドガラさんとウンドスさんは、ラム肉の串焼きの店を出店しました。千客万来。時にはお客さまが並ぶほど…。近くに生ビールの売り場があって、生ビールを買ったお客さまは美味しそうな匂いにたまらず串焼きを買ってしまう、という仕掛け(笑)です。(赤いカウボーイハットはリロちゃん)
串焼きコーナーで
串焼きコーナーでサランモル


さて、2日目の昼前、サランモルのミニコンサートの始まり始まり~っ! 会場はその名も「草原ステージ」です。

まずはじめに、ウンドスさんのホーミーと馬頭琴をYoutubeでどうぞ。全画面に拡大がおすすめです。



次はモンゴル舞踊のドガラさんです。 (サランモルの演奏シーンは、取材者の私も出演するため撮影できませんでした)



取材の私(T)は、体験コーナーのヒマをみつけてカメラ片手に会場を見て回りました。このブログをご覧に方に、せめて写真で会場の雰囲気を味わっていただきたい。そこで55枚の画像をスライドショーにしてみました。これもYoutubeでどうぞ。全画面で見るのがおすすめです。


音が入っていないし、動画じゃないから臨場感がイマイチ??  はい、ごもっとも(汗)。
Youtubeで「SOUL BEAT WORLD 2015」と検索すると他の方の動画がたくさん見つかります。迫力ある映像がいっぱいです。ぜひ異次元の世界を動画でのぞいてみてください。


音楽祭」と名がついているから音楽だけか!? 
スライドショーを見ていただくとお分かりと思いますが、そうじゃないんですね。建ち並ぶブース(まともな、あるいは妖しげな品・食べ物を並べている)、ふいごで火を起こしトンカチやってる鍛冶屋さん(2店)、阿波踊りが練り歩き、何とも不思議な「ろくろく首」とアホウドリの行列(大編成の太鼓バンドつき)、子ども相撲の土俵、ジャングルジム、竹で作られたティピーやモンゴルのゲル(移動式住居)が建っていて、ツリーハウス、ほっつき歩くイヌ、破れ障子の江戸の長屋、いなせな火消し姿のおにいさんお姐さんなどなど、パンドラの箱をぶっちゃけたような、異次元かつ世紀末の世界なのです。目まいがします。
そうそう、ミニミニ銭湯までありました。名付けて「ぬ湯」。これはもう涙ものです。(キャンプで2泊~3泊されるお客さんがいるからでしょうね。主催者の心配りには脱帽です)


さて、橋の下世界音楽祭2015が終わっちゃいました。
サランモルのブースを訪れてくれたお客さまたち、どんな感想を持たれたでしょうか。「モンゴルの衣装を着たり馬頭琴を弾いたりで、楽しかった。また来年もやってみたいな」と思っていただけたら嬉しいです。さらに、サランモルに入って馬頭琴をやってみたいと思っていただけたら最高なんですが……。

主催者の皆さま方、お疲れさまでした。お世話になりました。採算は大丈夫でしたか? 心配してます。来年も続けてください。サランモルにも声をかけてくださいね。



2015.06.01 Mon l サランモルの活動 l コメント (5) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。