上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
恵那市岩村コミュニティーセンターでのコンサート。第二部は「いわむら一斎塾」が佐藤一斎の業績を顕彰するために作られたアニメーション「おじいちゃんとぼく 第一話」の上映です。

著作権の関係もあり、残念ながらここでは公開できません。でも、ほのぼのとして、しかし考えさせられるところのある、とてもよいアニメだったということだけ申し上げておきましょう。
今回上映されたのは第一話です。以降の制作が待たれます。
こちらのサイト(アニメ製作会社)でプロモーション映像が見られます。ご覧ください。こちら

■第三部
第三部、最後のステージです。
再び、リボーさんとポウジンゾンさんがメインのステージです。

「誰も寝てはならぬ」 (プッチーニ作曲 歌劇「トゥーランドット」より)
テノールのための有名なアリアです。伴奏はクリスチャンさん。ポウさんと息ピッタリです。


G線上のアリア
J.S.Bachの作曲によるヴァイオリンの名曲です。G線と呼ばれる1本の弦だけで弾くことで知られています。
その曲をリボーさんが馬頭琴で弾きます。


チャルダッシュ
さあ、コンサートの最後の曲となりました。モンティ作曲のチャルダッシュ(チャールダーシュ)です。
このヴァイオリン向けの曲を馬頭琴で弾くのは実は大変なことのようですよ。


コンサートが終わりました。
長い長い取材記にお付き合いいただいて、ありがとうごさいました。
コンサートを見に行った、という気分になっていただけましたか。

このコンサートの取材に協力いただいたYさん撮影の写真でスライドショーを作りました。ご覧ください。

スライドショー最後の写真は出演者と一斎塾など関係の方との記念撮影です。こんなにも大勢の地元の方が協力して下さったのですね。佐藤一斎に寄せる思いが伝わってくるようです。

最後に岩村観光のおすすめです。
岩村はとても風情のある城下町です。趣きのある古い家並みが続いていて、なぜか懐かしさがこみ上げます。
町から少し抜けると、「農村景観日本一」ともいわれるゆったりした農村風景が広がっています。ぜひ一度お出かけください。できれば明智鉄道に乗って!


スポンサーサイト
2015.03.11 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://batoukin117.blog129.fc2.com/tb.php/76-ae8ea039
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。