上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
サランモルのメンバー2人(Eさんと私トシ)が、石田音人さん(胡弓奏者)を座長とする「おとつむぎネット」一座に参加して、福島・宮城・岩手の被災地を巡る旅に行ってきました。
4泊5日、走行距離 2049kmの長旅でした。少々長くなりますが、その報告です。

 おとつむぎネット
この一座は歌・胡弓・ギタ―・朗読・創作ダンス。手芸その他と多彩なジャンルの人が参加し、最大では19人もの大所帯。その一座に、サランモルの2人(Eさんとわたし)が岐阜県在住のKさん、Hさんと共に参加することになったのです。Kさんの人脈を通しての不思議なご縁に感謝です。石田音人「おとつむぎネット」のサイトはこちら

 やってきたこと
この旅では、各所で8回ほどのミニコンサート(ワークショップも)を開いて被災の方々にご覧いただきました。音楽の演奏やダンス、その他手芸や木工、馬頭琴体験のワークショップなどを通して、被災された方々に元気になっていただけたら…というのが趣旨です。
また、被災者の方たちに「忘れていませんよ、応援していますよ」という気持ちを伝えることも目的のひとつでしょう。じっさいに仮設住宅に上り込んで話をしたり、仮設の集会所に泊まったりで話をする機会がありました。
被災地の様子も何箇所かで見てきました。帰ってからそうしたことを各自の地元などで伝えることも大事な任務かもしれません。

 私たちの見た被災地の現状
福島県、宮城県、岩手県の3県でいくつかの被災地を見てきました。
復興はまず瓦礫の撤去から始まります。その撤去は、見た限りではかなり進んでるように見受けられました。しかし、個人の家や商店、会社やスーパーなどがあった場所には建物の基礎が残り、元気なのは生い茂る雑草ばかり。荒涼とした空間が広がっていました。ところどころで視界を遮るのは、5~10mにもなろうかという瓦礫の山、それに積み上げられた廃車の群れ・・・。
学校や役場など鉄筋コンクリートの建物は、破壊されたまま手つかずで放置されているものが散見されました。地盤が沈下したため排水できず、一面水びたしの所もありました。陸前高田では80cm沈下したとのことですから、再建するとしても地盤のかさ上げも必要で、大変なことです。
復興はやっと始まったばかり。前途は長く厳しく、容易ではないと感じました。行政はもちろんですが、日本人みんながこの被災された方々のことを忘れず、(出来る範囲で)支えあい応援して行きたいものだと感じました。

 石巻で
あの石巻市大川小学校も訪れました。生徒108人中74人が津波にのまれたという学校です。(教職員の方も亡くなりました)。
一座のもの皆、校舎を目の前に言葉もなく立ちつくしました。なぜ子どもたちは死ななければならなかったのか・・・。助かる方法があったのではないか…。そんな思いが残りました。

 陸前高田で
陸前高田市には、鶴亀寿司の阿部さんという方を訊ねての旅でした。仮設団地の集会所や公民館、保育園などでミニコンサートやワークショップをいくつかやらせていただきました。鶴亀寿司さんのお店や仮設団地の集会室で泊めていただきました。寝具は持参の寝袋でした。被災の方たちと直接触れ合う機会もあり、重く貴重な体験の5日間でした。

前置きが長くなってしまいました。
以下、写真や動画を交えて日を追っての報告です。前半と後半に分けます。長くなりそうです。どうぞその覚悟で。


1日目 9月22日 名古屋や可児から福島県田村市へ 【蓮笑庵泊】
9月22日、自宅を6時前に出て高速道路をひた走り、福島県田村市に着いたのは15時過ぎでした。ここで各地からのメンバーの車4台が集結。18人が揃いました。まず、座長の石田さんの計らいで、福島県田村市の都路(みやこじ)という集落を訪れました。
ここは福島第1原発の事故により警戒地域となり、酪農家の牛が餓死したり殺処分されたところです。道路端の牛のいない牛舎を見てKさん、「牛が可哀そう」と早速ハンカチを目にする始末。Kさんの心根の優しさに触れました。(都路は、現在は避難準備区域となり規制が緩和されている)

夕方、蓮笑庵さん関連の「小鳥の森」にて最初のステージです。準備が終わったらもう夜……。暗闇の中、幻想的なコンサートになりました。

開演に先立ち、蓮笑庵の渡辺仁子さんが「蓮笑庵暮らしの学校」開講の挨拶をされました。

多くの方は「蓮笑庵ってなに?」ですよね。民画家(この言葉も聞き慣れない)である故渡辺俊明さんが福島の里山に創り上げた理想郷とでも言ったらよいでしょうか。
詳細は蓮笑庵公式サイトをご覧ください。

小鳥の森のステージ
「おとつむぎネット」の石田音人、いのこ福代、加藤たかまさの皆さんです。息の合った司会で心のあたたかくなる歌を聴かせてくれました。

妖精の踊り
ほの暗い木陰から登場したのは二人の妖精です!。 石田音人さんの胡弓の調べに乗って、こかチちかこさん、ユリアさんのお二人のダンス。不思議な魅力でみるもののココロを捉えました。

終わってからその場で交流会。たき火にあたりながらおむすび、おはぎ、トン汁などを皆でいただきました。
一行は近くの温泉「花の湯」で疲れを落とし、蓮笑庵さんで泊めていただきました。


2日目 9月23日 蓮笑庵から宮城県七ヶ浜町へ。七ヶ浜商店街祭りでコンサートのあと石巻市立門脇小学校と大川小学校を巡り、上品の郷でミニコンサート。 【仙台のビジネスホテル泊】

蓮笑庵にて
朝早く蓮笑庵の中を見て回りました。とにかく建物の中も、戸外も雰囲気が素晴らしい。またゆっくり来てみたいと思わせるところです。
その蓮笑庵の前で記念写真を撮って渡辺仁子さんに見送られ、8時ごろ出発。福島県田村市から宮城県石巻(いしのまき)市に向かいました。石巻まではかなり遠いのです。


七ヶ浜朝市会場風景 七ヶ浜ステージ
石巻市七ヶ浜の朝市会場に着きました。小雨がぱらついていました。
大急ぎで設営して、いざミニコンサート開始♪


仮設商店の方たちが飛び入りで斉太郎節を歌ってくださいました。三味線も合いの手も息ぴったり。 「お礼のつもりで歌います」とおっしゃって下さったのが嬉しかったです。

七ヶ浜のミニコンサートが終わった後、石巻市立門脇小学校と大川小学校へ献花のために向かいました。
石巻市は仙台の東北およそ30kmほどに位置し、東日本大震災で市町村単位で最多の約3800人の死者・不明者を出したところです。

門脇小学校 門脇小学校アップ 
門脇(かどのわき)小学校です。町の中心街に近い同小は全校生徒300人ほど。津波に襲われた後さらに火災の追い討ちを受け、焼けてしまいました。
生徒や職員は地震のあとにすぐ裏の高台に避難し、下校していた生徒のうち7人が死亡した以外、学校にいた約240人に被害は出なかったとのことです。火災で燃えた跡が痛々しいとしか言いようがありません。
門脇小学校の被災時の状況はこちらに詳しいです。


大川小学校
大川小学校へ来ました。大川小学校は石巻の市街地から10kmほど東の、山と川(新北上川)に囲まれたのどかな集落の中にありました。いまは周りの家々も全部流され、荒地の中に学校が残っているだけです。静かです。風の音と時おり車の音が聞こえるだけ。108人中74人もの子どもたちが津波に流されたとは信じられないほどです。「子どもたちの魂が安らかでありますように」と祈りました。

大川小学校遠景
校舎の南には低い山(いわゆる裏山)が迫っています。なぜこの山に逃げなかったのか。新北上川の堤防の脇に位置していて、河口から4kmも上流あるため津波への緊迫感が低かったとか、この学校自体が地域の避難場所に指定されていたとかの理由があるようです。しかし地球が壊れるのかと思わせるほどの尋常でない大地震でした。校庭に集結していた時に上級生の子から「山に逃げたほうがよいのでは?」と先生に提案したとか、お母さんが先生に「山に避難させて下さい」と詰め寄ったという情報を聞くと、やっぱり子どもたちはほんとは死なずにすんだのでは?、と思わずにいられませんでした。

石巻市の津波の状況はこちらも参考になります。


重い気持ちを抱いて道の駅「上品の郷」に到着しました。(じょうぼんのさと と読みます)

上品の郷遠景
ここ「上品の郷」は素晴らしく大きな道の駅です。地場産品のお店、レストラン、コンビニ、温泉が併設されています。
ここのレストランで30分間のステージを2回公演です。


0923-2192joubon.jpg
上品の郷のレストランの様子。多彩なバイキング料理がお値打ちで人気なのだとか。

2回ステージを務めたあと、レストランでおいしいバイキング料理をいただき、温泉に入って今夜の宿(仙台市のビジネスホテル)に向かったのでした。

3日目以降の記事は下の「Read More」をクリックすると表示されます。


東北の被災地を巡る「おとつむぎネット」一座にサランモルのメンバー2人が参加した記録の後篇です。
もし前編をご覧になっていなかったら、前編からお読みください。記録の意味でも時系列で詳しく書いているため長いですが、お許しのほど。

3日目 9月24日 仙台市荒浜から再度七ヶ浜へ。七ヶ浜でワークショップのあと気仙沼経由で陸前高田へ。
【陸前高田の鶴亀寿司さんと仮設住宅集会所とに分宿】


旅も3日目になりました。朝8:30ホテル発。
まず仙台市で震災の被害が甚大だった荒浜地区を見学しました。

黄色いハタ 0924-arahamashou.jpg
草ぼうぼうの原野が広がる荒浜地区。ここに漁師さんや農家や商店や会社など、人の暮らしがあったとは想像できないほどの惨状です。草の生い茂る荒地には、個人の家かと思われる建物の基礎があちこちに残っていて痛々しいです。
写真左は住民の立てた看板。ひと頃は黄色いハンカチがたくさん掲げられていたそうです。
右は荒浜小学校。校舎左には体育館があって津波でひどく破壊されましたが、学校にいた生徒や地区の避難民は右側の校舎の上階に逃れて、犠牲者は出なかったとのこと。

荒浜から七ヶ浜に向かいました。昨日に続いて2度目です。
ここ七ヶ浜町は住宅地・市街地の28%が津波に襲われ、死亡・行方不明合わせて96人の方が亡くなられたそうです。
現在421戸の仮設住宅があるとのこと。
伺ったボランティアセンターは、生涯学習センターや福祉センターなどの建ち並ぶ区域にありました。あいさつもそこそこに、さっそくワークショップが始まりました。会場は「きずな工房」と名付けられた仮設ハウスです。

馬頭琴体験 ブローチ作りワークショップ
毛糸手芸
馬頭琴体験、ファスナーブローチ作り、毛糸手芸のワークショップです。ほかに木工工作(波音板づくり)もありました。
ワークショップが一段落したところで、ミニミニコンサートです。石田音人さん、加藤たかまささん、いのこ福代さん3人による歌や、こかチさんらの踊りなどもありましたが、ここでは「俊明語り」を動画で紹介しましょう。
渡辺俊明(蓮笑庵を造った民画家)さんの詩のように美しい言葉を朗読するものです。いのこ福代さん主宰の朗読教室の生徒さんたちが朗読します。



昨日と今日、2日間にわたった七ヶ浜のスケジュールも終わりました。朗読の生徒さん7名はここで帰られ、残りは12名。3台の車に分乗して、今日の最終目的地である岩手県の陸前高田市へ向かったのでした。

すがとよ酒店さんの店先で すがとよ酒店さんで記念写真
途中の気仙沼では、「すがとよ酒店」さんというお店に寄り道しました。上の写真はその時のものです。
すがとよ酒店のご主人は、奥さんの眼前で津波にさらわれました。奥さんの菅原文子さんがご主人への思いを綴って「第2回恋文大賞」に応募し、その作品がみごと大賞を受賞されました。その菅原文子さんに会いに行ったのです。
お店で皆は地酒や土産などをたくさん買い込みました。「どうぞお元気で」と手を振り、お店を後にしました。これも不思議なご縁でお会いできたことで、Kさんはまたもや感激ひとしおでした。
恋文大賞の受賞作はこちらで朗読が聴けます。


陸前高田の鶴亀寿司さんに着いたのは夕方5時半近くでした。もう薄暗くなっていました

鶴亀寿司さん 鶴亀寿司さんで皆そろって
だれもが鶴亀寿司さんにうかがうのは初めてです。
鶴亀寿司のご主人は阿部さんといいますが、Kさんの不思議なご縁が話の発端でした。Kさんは知人を通して阿部さんのことを知ったのですが、それ以来、地域の方々の応援も得て「ゆうパック」に絵本や日用品、それと支援の気持ちもいっぱい詰め込んで数十回も送り続けたたのです。ゆうパックや電話、手紙のやり取りはあったものお会いするのは今日が初めて。Kさんは思いがこみ上げてて、もうウルウルで挨拶されていました。
夕食は阿部さん手作りのお寿司パーティーとなりました。
美味しい寿司をいただきました 美味しい寿司をいただきました
出していただいたお寿司は、ネタが新鮮で美味しいものばかり。寝袋持参でボランティアに来たというのに、こんな贅沢ができるとは思ってもいませんでした。
お寿司をいただきながら改めてメンバーの自己紹介や、震災支援の思いを語りあったりしました。あとはご主人阿部さんの震災発生当時の話を聞いて肝を冷やしたり、泣いたり、笑ったり…。名古屋弁や東濃弁、それに東北の言葉が飛び交って、にぎやかなこと。こうして陸前高田「味と人情の鶴亀寿司」さんの夜は更けていったのでした。

この夜、男性4人は鶴亀寿司さんのお座敷で、女性7人は近くの仮設住宅の集会所をお借りして泊まりました。誰もが持参の寝袋で寝ました。


4日目 9月25日 陸前高田にて海沿いの被災地見学、そのあとミニコンサートやワークショップを4か所で開催。【陸前高田の仮設団地集会所泊】

朝6時半過ぎだったでしょうか、石田音人さん一行4人の方が帰途につきました。お疲れさま。どうぞお気をつけて。
残ったのは、私たち岐阜組4名と いのこ福代さんのあわせて5人。朝食もそこそこに陸前高田の海岸部の現状を見に出かけました。

7万本と言われ2kmもの長さの美しい松原……。その松原があるおかげで、(中心部)街の人たちが海を目にするることはなかったと言います。その松原が津波でながされ、1本だけ残った松が「奇跡の一本松」としてテレビなどで取り上げられたことは、あまりにも有名です。その一本松も枯れかけ、保存処理のためつい先日切られました。松原の面影を探して、海岸沿いを歩いて見てみました。

5階建てマンションの4階まで津波の痕跡が見られます。B&G海洋センターでは建物が無残な姿を残し、駐車場跡には廃車などが山積み。すぐ手前には一般家庭かとも思われる建物の基礎コンクリートだけが住まいの記憶をとどめています。野球グランド(高田松原第一球場)は観覧席が破壊され、地盤沈下で水浸し。帰ってから調べたら、じつは私たちの歩いた仮設堤防(動画に出てくる)が美しかった松原跡だったのです。つまり松原の海岸がそっくり流されていたのです。

瓦礫の山 海岸の惨状
バイパス道路から見ると、市役所も、県立病院も、陸前高田駅前の賑わっていたはずの商店街も見る影もありませんでした。あるのは廃墟となった街並みと瓦礫の集積所です。

ちなみに、陸前高田市は死者・行方不明合わせて1844人の方が犠牲になったと聞きます。じつに東北大震災の犠牲者の10人にひとりが陸前高田ということになるのです。


折悪しく雨が降ってきました。雨にもめげず、今日のひとつ目のワークショップ、陸前高田市小友町の「モビリアオートキャンプ場」へ。

ブローチ作り モビリアでの記念写真
右上の黄色いベストの男性は大学生のボランティアさんです。もちろん女性のボランティアさんもいます。仮設の住民さんの間に結構溶け込んで頑張っているようです。ひとりは京都、他のひとりは長野県から来ているとか。2~3週間で次の学生さんに交代するのだそうです。学生時代のこうした経験は、きっとその後の人生に生きるのではないでしょうか?

さてこのモビリアでは、お客さま(赤ちゃん連れの若いママさんからかなりお歳の方まで)とともに、紙芝居、朗読、ハーモニカと馬頭琴演奏、ブローチ作り、逆じゃんけんゲーム(負けるが勝ちです)、「丘を越えて」の歌で踊るなどで大いに盛り上がりました。Kさんのファスナーブローチ作りが大好評でした。おばあちゃんが自分で作ったブローチを胸につけ、「これ私の勲章だよ」に、みんなで大拍手。お昼時になり、手作りのおやつなどもいただいちゃいました。

おやつでお腹が少々よくなりましたが、おやつは別腹(笑)。憧れの「未来商店街」さんに寄り、事務局をちょっと覗いてBricks'808さんで昼食にしました。0925-mirai2326.jpg
未来商店街の入り口です。手作り感覚あふれた看板♪

Bricks外観 Bricks店内
喫茶軽食のBricks'808さんの外観です。おしゃれでしょ? 仮設店舗ながら店内はセンスもよく、もちろん食事もベリーグーでした。大勢のお客さまが食事したりお茶を飲んでいたりで、盛業の様子にほっとしました。


この「未来商店街」の事務局には若者ががんばって働いています。たねやん(女性)と黒田くん(男性)です。未来商店街のこと、彼らのことなど詳しく書きたいのですが、長くなるばかり。泣く泣く割愛です。事務局のタネやんにKさんが岐阜から持参したお菓子を託して未来商店街を後にしました。こちら(FaceBook)>でご覧ください。

次は竹駒町細根沢の集会所で行われる「お茶っこ飲み会」でのミニコンサートです。
お茶っこで俊明語り お茶っこで踊る
ここでも「俊明語り」を映像と語りで聞いていただいたり、ハーモニカと馬頭琴の伴奏で歌ったり、みんなで「丘を越えて」を踊ったりと、短い時間でしたが楽しんでいただきました。

三つ目は保育園です。道に迷いつつ訪ねて行ったのは下矢作保育園。園児たちが好奇心いっぱいの目で迎えてくれました。(ちなみにこの保育園は山間にあり、直接に津波の被害は受けなかったそうです)
下矢作保育園
ここではいのこさんの紙しばいやお話、Kさんの遊戯、Hさんのお話などのほかに、EさんとKさんと私とで「アンパンマンのマーチ」を演奏しました。子どもたちが精一杯歌ってくれて、とてもうれしかったです。
この子どもたちが大きくなるころには陸前高田の街が生まれ変わり、住みよい元気な街になっていてほしいと願わずにはいられませんでした。


さて、「長い、くどい」とお叱りを受けそうです。もう少しだけお付き合いください。


保育園を終えてから今夜の宿泊場所、つまり竹駒小学校の運動場に建つ仮設団地の集会所に戻りました。
夕方から集会所で二つのワークショップ――――ブローチ作りと馬頭琴体験です。

大正琴とコラボ
仮設団地から来られたOさんという方、わざわざベース大正琴を持参してくださり、私たちの馬頭琴とコラボしました。これが意外と合うんですねえ。馬頭琴もベースが入ることでぐっと引き立ちました。
お尋ねしたら、大正琴の師範さんとのこと。道理でお上手なわけです。
津波では多くの大正琴が流され練習する気にもならなかったそうですが、大正琴の本部(長野県の琴伝流)から大正琴や楽譜を送ってもらい、やっと練習できるまでになったとのお話でした。いつかOさんたちの大正琴のグループと、私たちのハーモニカ、馬頭琴とで一緒に演奏できたらいいな----そんなことに思い至った楽しいひとときでした。

ファスナーブローチ作り
集会所のとなりの部屋では大好評「ファスナーブローチ作り」です。おしゃべりしながら、手はちゃんと動いているのが不思議です(笑)。震災当時や仮設の暮らしの話も出たのでしょうか。

この東北最後の夜、仮設団地の集会所をお借りして、各自寝袋にくるまって眠りについた4人でした。



5日目、9月26日 陸前高田市から岐阜県K市への帰途につく。21時帰着。

朝5時半に目が覚め、そっと外に出てみました。
仮設団地の朝 仮設団地の配置図
まだ覚めやらぬ仮設団地です。右は仮設団地の配置図。こんなに多くの暮らしがここにあるのです。

他の3人のメンバーも起きだしました。
鶴亀寿司の阿部さんも同じ仮設団地の単身用住居に住んでいます。阿部さんのところに集会所のカギをそっと返して出発するつもりだったのですが、そうはさせてくれませんでした。
0926-naiyagara2356.jpg 別れ
早朝にもかかわらず、阿部さんばかりかOさんまでも見送りに集まってくださいました。それに本田くん(※1)と黒田くん(※2)のふたりも。(彼ら二人も阿部さんの狭い仮設の部屋で寝たのかも)

恐縮する私たち。と、私たちの頭上に「愛のナイアガラ」が降ってきました!! 
鶴亀寿司の名物セレモニー。頭の上から紙テープをシュルシュルと投げ下ろすのです(うまい表現ができない)。紙テープは、船が出港するときに家族が投げる、あの紙テープです(だと思います)。
私たちは紙テープまみれになって泣き笑いです。

何と情の深い、熱い人たちでしょうか。東北の親戚の家に遊びに来て、別れを惜しむ、そんな気持ちにさえなりました。またいつか来なければ……。そんな思いを胸に、何度も手を振り、帰途についた私たちでした。21時ちょうど、やっと家に戻りました。


最後に、新聞記事を一つご覧いただいて、終わることとします。
モビリアの集会所で記者さんが取材に来ていましたが、その記事を阿部さんが送ってくださいました。
その記事です。0927-toukaisinpo-.jpg


長い紀行文をご覧いただいてありがとうございました。

  ※1…本田くんは京都の大学4回生。北海道へのバイクツーリングの
     帰途に寄り道して 何日間か鶴亀寿司さんに居候中。就職も
     決まっているとか。私たちが帰ったこの日、彼も京都に向けて
     バイクで帰途についたはず。素直で気持ちのよい青年。
  ※2…黒田くんは東京での仕事を辞めてこの陸前高田へ。未来商店街の
    事務局で「たねやん」と共に未来商店街を立ち上げ支援する仕事に
    ついている。物静かだけど、きっと熱い心の持ち主。
スポンサーサイト

2012.10.02 Tue l サランモルの活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://batoukin117.blog129.fc2.com/tb.php/57-aa850ffe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。