上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
むかしSLが走っていたという線路跡をたどり、レンガ造りのトンネルを抜けると、そこには別世界が広がっていました。

晩秋の柔らかな日差し、
そこかしこに茂る木々、
色づきかけたモミジの葉っぱから落ちる木漏れ日…。
眼下には玉野川が流れ、その瀬音が時おり聞こえます。

「ここは時間がゆっくり流れている」などとという表現をよく目にしますが、ここはまさにその言葉がぴったり…。
ここ、「愛岐トンネル群 秋の特別公開」の会場は、人の心を解き放ち、くつろいだ気分にさせてくれる不思議空間でした。




前置きはこのくらいにして。
ご縁があって、ここで演奏させていただくことになったサランモル…。
演奏も楽しみでしたが、旧国鉄の廃線跡とか、廃トンネルだとかについても興味津々で出かけました。
メンバーは、Yさん、Nさん、ウンドスさん、それに私(T)の4人。

うまくまとまるかどうか、そのレポートを。
長くなりそうで、こわい(笑)。



11月26日(土)。晴れ。
朝10時、定光寺の駅を降りると、そこはすでに長蛇の列…。
係りの方に案内していただいて、人並みにもまれ、足元の砂利に足を取られつつ、トンネルをいくつかくぐり、廃線跡地をたどります。


ひとつ目のトンネル。
廃トンネル群秋の特別公開
これらのトンネルは110年ほど前に作られ、SLが煙を吐いて走っていました。
1966年に、中央線の複線電化に伴って、高蔵寺と多治見間の13のトンネル群と単線の線路が廃線となり、最近「愛岐トンネル群保存再生委員会」によって発見?されるまで長い眠りについていたのだそうです。
しかし何とも美しいデザインではありませんか。
それに、痛んでいないことにも驚かされます。
明治の中ごろにイギリス人技師の指導で建設されたのだそうです。


真っ暗なトンネルを抜けます。トンネルの向こうには何が?
廃トンネル群秋の特別公開


枝振りも立派な大モミジ。
大モミジ
「三四五(みよい)の大モミジ」と名付けられていて、愛知県下では一番大きいそうです。
(離れて撮ったため小さく見えますが、じつは大きいのです)。
今年の紅葉の色づきは、天候不順でイマイチだとか。
真っ赤に色づいたらさぞかしきれいでしょうね。


トンネルを3つくぐり、約1キロあまり歩いたころ、ちょっとした広場に出ました。
レンガ広場といい、ミニコンサートのメイン会場です。
ここで2回のミニコンサート。
それにもう1カ所、「竹林」でもやります。その間、けっこう移動距離があります(汗)。


さて、11時半になり、恒例の「ユロル(モンゴル式の祝詞)」のオープニングで
1回目のコンサートが始まりました。
廃トンネル群秋の特別公開


この「レンガ広場」は、山と川にはさまれた場所で、日差しをあびての開放空間。
演奏していても不思議な感覚です。
IMG_0114.jpg


「レンガ広場」の会場風景。
お客さまは竹製のベンチに座って、あるいは歩みを止めてコンサートを見て(聴いて)くださいます。
廃トンネル群秋の特別公開
およそ20分間のミニコンサート。
ユロルに続いて、草原の太陽、走る馬、秋の唱歌メドレー、小さい秋見つけた、ゲゲゲの鬼太郎、水戸黄門(どんぐりころころ)、などを演奏しました。
「この4人の中で本物のモンゴル人はだれ?」もやりました。
どうやら演奏よりも楽しんでもらえたのかも?!。



レンガ広場が終わったら、デールを着たまま、馬頭琴を抱えて大急ぎで竹林まで移動です。
それも人混みをかき分け、700mほど戻らねば(泣)。
すれ違うお客さま、デール(モンゴルの民族衣装)姿の4人に、何事かとびっくり!!

線路の名残りをとどめるバラスト(砂利)敷きの道。
足元に気をつけて歩きます。


竹林に到着。
竹林では、美しいデールの二人がカメラの標的に。
廃トンネル群秋の特別公開


竹林でのミニコンサート風景
竹林コンサート風景
この写真は主催者の担当の方からお借りしたものです。


ここでは、ウンドスさんに「万馬のとどろき」をソロで弾いてもらいました。
お客さまからは大きな拍手。
ウンドスさん
彼は内モンゴルからの留学生。
勉強とアルバイトに頑張っています。馬頭琴も教えてくれます。


竹林が終わってまたレンガ広場に戻り、2時から3回目のステージをつとめました。
レンガ広場風景
(この写真も主催者の方からお借りしたものです)
お客さまからは、あたたかい拍手をたくさんいただきました。
つたない演奏にお付き合いいただいた皆さま、ありがとうございました。(


ずっとお世話いただいた「愛岐トンネル群保存再生委員会」のSさんとYさんからは、「とてもよかった」との嬉しい言葉をいただきました。そして、来春の「特別公開」でのオファーもいただいちゃいました。
楽しかったのと、手ごたえありという感覚と、程よい疲れとで、大満足で帰路についた4人でした。

ちなみに、この日、4100人もの見学者があったとお聞きしました。
公開の会期23日~27日の5日間で16,000人近い見学者が訪れたそうです。




さて、最後に今回の廃線跡地公開の風景写真を何枚かご覧いただきましょう。
サランモルの活動とは直接関係ないのですが、お許しください。
取材班の私、あまりにここが気に入ってしまって、次の日(27日)にも出かけたくらいですから…。



廃線跡を歩くと、そこかしこに程よいタイミングで掲示板があります。
主催する「会」の考え方、思いが伝わってきます。
掲示板「廃線跡へようこそ」


「トンネルの今昔」
トンネルの今昔
1966年まで、ここの線路とトンネルを蒸気機関車が煙を吐いて走っていた訳です。
45年前ということになります。
かく言う私も、小学校の遠足でこの定光寺まで来た覚えがありますから、そのSLに乗ったのでしょう。
あるいは、夜行列車でのスキー行でここを走ったかもしれません。(わが青春時代の話です)。
トンネルの中での、あの煤煙のにおいを思い出すような気がします。


最奥にあるトンネルです
最奥のトンネル


そのトンネルを近づいて見てみると
レンガ積み
1900年に開通だそうですから、このレンガは111年以上前に焼いて作られ、運ばれて積まれたことになります。じつに精緻に組まれていて、劣化もそれほど見られず、驚くばかりです。建設重機もない時代にトンネルを掘り、レンガを当時の職人さんがひとつひとつ積み上げたかと思うと、その心意気が感じられ、感慨深いです。
からまったツルが年月の経過を思わせます。


通り道の真ん中に生えてきた実生のモミジ。
実生のかわいいモミジ
大事に保護されているんですね。
「会」の方たちの愛を感じます。頑張れモミジ!



廃線跡の自然についての考え方を説明しています。
掲示板「廃線跡と自然」


こんな微笑ましいのも。
さるのこしかけ


こんな工作物?もありました。遊びごころ全開!
その1
こだわりの水車
水車です。どうやら今年出来たばかり。
大きさは2.7m。近くで見ると大きいです。クギを1本も使ってないのだとか。
楽しんで、かつ苦労してつくられたさまがしのばれます。
いまのところ、ザンネンながら空で回っているだけ。


遊び心その2
トンネル内照明装置(太陽光利用自動追尾装置)

トンネル内照明装置説明
いやあ、これには参りました。
300m余りの長いトンネルの真ん中に張られたスクリーン?に、この装置に反射した太陽光が当たって、ちゃんと照明の役割をはたしているのです。大人の遊び心とエコ精神満載です。



眼下に流れるのは玉野川。流れていくと庄内川と名が変わります。
玉野川
この玉野川…、陶磁器産業が盛んでそのうえ排水処理に気を使わない時代には、陶土で水がもっと濁っていたものでした。



≪補足≫
NPO愛岐トンネル群保存再生委員会」とは何ぞや?という疑問を持たれた方、そんな方は「愛岐トンネル群保存委員会」のホームページをぜひご覧ください。詳しい情報が載っています。こちらからどうぞ。
現在会員は90名ほどで活発に活動していらっしゃるそうです。

今日の会場でも、揃いのブルゾンを着た会員の皆さんがいきいきとそれぞれの任務を担当しておられました。
私も入会してお手伝いしたくなるような、そんな雰囲気が感じられました。

コンサートの写真は、会の方に撮影していただいたものです。どうもありがとうございました。

スポンサーサイト
2011.11.27 Sun l サランモルの活動 l コメント (2) トラックバック (0) l top
サランモルは小学校の出前授業をはじめ、イベントでの演奏やワークショップなど、グループで活動することが多いのですが、時には一人で活動したりすることもあります。
名づけて「一人サランモル」。短くすれば「ひとサラ」…。

以下ご覧いただくのは、メンバーのひとりNさんが11月のある日に行った一人サランモルの記録です。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

今日、知多にあるT副寿大学で演奏してきました。

いつも訳解らず会場入りして驚く事が多いのですが、今日は特にびっくり!

なんと300人以上のお客様(60歳以上の大学生?)がびっしりと入っていて、雨だから少ないと高をくくっていたのが大間違い、今回は問い合わせが多く席を余分に設けたとか。

そんな事を知らない私はラジカセを片手にカレンダーの裏に歌詞を書いて、こじんまりとと想定して行ったら、とても後ろまで届かないのでダメと一括され、音響設備もばっちりと返しの音までアンプを用意してくださり、歌詞はプロジェクターで文字を大きく映し出してと、大変な装備になりました。

一番問題なのが私の演奏(^_^;)
でもなんとか30分の持ち時間を笑も取って終える事が出来ました。

しかし出演する度に馬頭琴をもっともっと上達したい、誰か私に鞭打って教えてくれる人いないかな~!と本当に感じます。
今日は、馬頭琴、マジック、落語の三本立てでしたが、良い勉強になりました。

終了後に馬頭琴教えてないんですか?
何か名刺とかありませんか?
れんらくを取るには?
など沢山の方が興味を持って下さったので、サランモルのホームページを見て下さいね。と言っておきました。

昨日までは自分を追い込み練習漬けで苦しかったですが、終われば楽しかった~と感じることができやみつきになります。報告でした。
2011.11.22 Tue l サランモルの活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
後藤さんのこと

NPO法人市民まちづくり風の会」の理事で、建築家の後藤さんのことを知ってもらいたくて、書きます。

リボーさんのコンサートの実行委員会のメンバーとしてお会いした後藤さんは、名古屋市港区で建築業を営んでおられました。愛・地球博に協力するために設立された「風の会」のメンバーとしてまちづくりのボランティア活動を熱心にされていました。

あの震災の後、奥様が被災地に炊き出しに行くと言うので、トラックで鍋釜を運ぶのを手伝うため、現地に入りました。「建築家は居ないか?」という現地の声に応えて、名古屋のプロの建築業者の仲間を連れて被災現場の状況調査に入ることになったそうです。

言葉も出ないほどのガレキの山、一軒一軒被害状況を調査する。そこに住んでいる人の家族の事情を聞く。「奥さんに電話で話しながら涙をどれだけ流したかわからない」と、後藤さんはいいました。

ガレキの山の撤去作業に毎日出る作業員の作業着が洗濯できなくて、宅配便で名古屋に送り、奥さんは、毎日洗濯をし続け、送り続けた時期もあったそうです。今でも一週間か十日に一度名古屋に帰りながら、石巻市で仕事と、ボランティアを続けています。

名古屋からは、「愛知ボランティアセンター」が毎週末、宮城県石巻市の牡鹿半島の十八成浜(クグナリハマ)地区に金曜出発、土曜に一日、ガレキ撤去や、炊き出しボランティアをして、日曜朝に名古屋に戻る活動を30回も続けており、6月から述べ千人も参加し、何ども参加している若者もいる。
なんども来ている若い子達がだんだん人間的に成長して変化しているのがよくわかるそうです。このように一箇所に決めて支援を続けて、地域間の交流が生まれているところは他にないそうです。後藤さんはそのグループに現地で参加しながら、名古屋、現地、行政とボランティアの橋渡し役を担っています。

作業員やボランティアが滞在するための宿舎も、1メートル以上も水没して途方に暮れていた方のお宅を借りることにして、名古屋から材料を積んで行き、到着して夜中までかかって床を張って、そこに寝る、という苦労をしながら造りました。
東北の人の素晴らしさはその人間関係の深さ、それがゆえに、遅々として、復興が進まないという現実も垣間見るそうです。


後藤さんは「東北の人に馬頭琴を聞いてもらいたい」というリボーさんの言葉で、12月10日から12日にかけて、宮城県の女川町、石巻市などで5回のコンサートをコーディネイトしてくださいました。
市内のホテルは、いっぱいで取れないそうで、後藤さんの作った宿舎に泊めていただく事になるそうです。

打ち合わせに、名古屋の事務所に伺いました。
「僕も実は人間的に成長しまして、名古屋を引き払って妻と二人で石巻に住むことにしました。」
「えっ?」
「石巻地域の再生の事業に住民の一人として、自分の経験とネットワークを活かしたい。妻が同じ気持ちになってくれたので、決心しました。」「何よりも深い人間関係が出来ることが、嬉しいんです」と、着々と引越し準備をされています。

そんな後藤さんにタイの水害地域の実業家から、相談が寄せられました。「一度タイの現場を見に来て欲しい。建築家としての目で指導をして欲しい」というものでした。

文責:Yama

2011.11.21 Mon l ボランティア l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。