上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
サランモルの活動のメインである小学校の「出前授業」…。
今年は9月、新学期早々にお声がかかりました。
愛知県半田市のK小学校です。

9月8日、上天気で真夏のような暑さでした。

学校に到着して、会場となる体育館で展示などの準備を大急ぎで済ませ、念入りに音合わせ。
「メンバーは5人?」
いえいえ、もう一人いるんですけどね…。取材班 兼 出演者の私(筆者)が…。

K小学校出前授業


さあ始まりました。
オープニングで馬頭琴を数曲演奏した後は、写真パネルによるモンゴルについてのお話です。
子どもたち、目をキラキラさせて聴いてくれます。

写真パネルを持っている若者はウンドスさんといい、内モンゴル出身の留学生です。
つい最近私たちサランモルに参加してくれた好青年。出前授業初デビューです。
K小学校出前授業


K小学校出前授業

モンゴルの住まい「ゲル」の模型を使ったレクチャーの次は、モンゴルの家族登場!
先生方や生徒さん数人に民族衣装「デール」を控室でひそかに着てもらって、合図とともに登場してもらいます。
子どもたちからは「きゃーっ、わあーっ」と大歓声が!。
今回は特別大勢の方にデールを着てもらいましたよ。
K小学校出前授業

これから校長先生に帯をまいていただこうというところです。
K小学校出前授業

子どもたちの楽しそうな表情!
私たちも嬉しくなる場面です。
K小学校出前授業

馬頭琴の体験や、体験の後すぐの合同演奏、輪になって踊るモンゴルの踊り「安代舞」、それに「スーホの白い馬」の歌の大合唱などでプログラムは終わりました。
あっという間の1時間40分……。
子どもたちとは、ハイタッチをしてサヨナラしました。


ところで「スーホの白い馬」の出前授業は、一般的には3学期の1月下旬から3月中旬の時期が多いのです。
今回は、同校で近々開催される「全校学習発表会」で2年生が「スーホの白い馬」を取り上げることからサランモルにお話が来たようです。久しぶりに子どもたちに触れあうことができて、嬉しく楽しい一日となりました。

年が明ければ出前授業の季節到来。
ますます工夫と精進を重ねて、よりレベルアップして子どもたちと向き合いたいと、サランモル一同は願っています。

ほんとうは、ご覧頂きたいシーンがもっと沢山あるのですが、でも、私が出番の時は写真撮影ができない(泣)。
そんな訳で、プログラムの一部だけの写真になってしまいました。申し訳ありませんでした。
スポンサーサイト
2011.09.10 Sat l 「スーホの白い馬」出前授業 l コメント (4) トラックバック (0) l top
8月28日、起きたら、そこは開田高原……。

昨夜は、ポッポ屋さんでのコンサートを終えたあとは、開田高原の山荘へ。
そしてサランモルの5名は楽しい宴を繰り広げたのでした♪。
夜は土砂降りの雨で、一夜明けると開田高原は朝もやの中。
でも、もやが晴れたら良い天気になりました。
もしかしたら誰かが 晴れおんな?(晴れおとこ)?

さて今日は「第4回木曽の手仕事市」です。

朝9時前、会場に到着。会場は木曽文化公園の文化ホールのとなりにある芝生広場でした。
会場にはすでに簡易テントによるブースが立ち並び、忙しく準備する人たち。
賑わいの予感に満ちていました。

IMG_0394.jpg

IMG_0398.jpg


私たちサランモル5名のミッションは?というと
「馬頭琴体験コーナー」と「モンゴルの民族衣装体験&撮影コーナー」で稼ごう!……でした(笑)。

馬頭琴の騒音?でウルサイだろうと、木陰の静かな場所に設営するよう指示されました。
となりにはさらさらと小さな谷川が流れて、おまけに木立の陰で、まさに快適なロケーション。
他のブースは3m×3mの広さなのですが、我々はスペース取り放題・やり放題…。ありがたや。

全景
この木陰がサランモルの営業スペース。快適そのもの。

IMG_0131.jpg
簡易テントを設営した後、大急ぎでデールの飾りつけや看板の準備。



さて、立札を立てたり、イスを並べたり、デール(モンゴルの民族衣装)を飾りつけたりするうちにお客さまが…。

IMG_0384.jpg
嬉しそうにカメラにおさまるお二人。こちらまでうれしくなります。


デール試着
ご主人には馬頭琴を持っていただきました。お似合いのお二人です。

デールを着て体験
美しいデールで馬頭琴体験です。

IMG_0389.jpg
馬頭琴体験中のお嬢さんたち。

IMG_0391.jpg
角笛とリコーダー、オカリナのセッションが始まりましたよ。

IMG_0399.jpg
荘重なハーモニーが聴こえると思ったら、芝生広場でアルプホルンの合奏が始まっていました。
ここは本場アルプスかと思わせる素晴らしい響き。うっとりと聴きほれてしまいました。



IMG_0402.jpg
この「手仕事市」の出展者は約60店とのこと。
出展者の車のナンバーを見てみると、遠くからも来ているんですね。
地元長野県だけでなく大阪、東京、千葉、京都などからはるばる来ていることがわかります。

この催しは前日27日の朝からオープンし、今日は2日目。
遠地の人はおそらく2泊していることになる。
それも車で寝泊まりする人が多いのだとか。(宿で泊まろうものなら赤字になっちゃうから?!)
たぶん、各地の催しを転戦している人が多いのでしょう。

それで、完売するほど売れているのか?、いやいや、ここで見る限り、なかなかそうは見えない…。
売るのを忘れて、売り物でないものを嬉しそうに説明してくれるオヤジがいたりする。
ひと癖、いや訂正、個性的な人が多いのです。なかにはお友達になりたいような人も。

「採算とれるんですか? 趣味・道楽なの?」と聞いてみたくなります。
お金(採算)よりも、これが生きがいなのでしょうか。
はたして売れているのか?と心配しつつ、お店を冷やかして会場をひと回りしたのでした。

木曽谷の小さな町での催しもの。とにかくマーケットが小さい。
主催者側のご苦労がしのばれる思いがしました。


さて、午後4時、無事終了しました。
お疲れさまでした。

売り上げはいかに? 
まあ、ボチボチでんな~。 というか、まるで赤字!(泣)
お客さまとの触れ合いも楽しかったし、昼からはお客さんが少な目で木陰でゆっくり練習できたので、それで良しとしましょう。

昨夜の「ポッポ屋」さんと今日の手仕事市。
雨に降られることもなく、馬頭琴漬けの幸せな2日間でした。
一路名古屋方面に向け帰路に着いた私たちでした。

(この日も写真を撮り忘れた場面、多数あり。取材班として反省しきり!)


2011.09.02 Fri l サランモルの活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
長野県木曽町開田高原…。「木曽馬とそばの里」で売り出している過疎の村。
日本で最も美しい村」のひとつに選ばれています。

その村の高台に、今日の「馬頭琴トワイライトコンサート」の会場となる「開田のポッポ屋」さんがあります。

天気が良ければ 御嶽山を眺めながらこだわりの飲み物・食べ物が味わえる。
庭には、なんと鉄道模型の森林鉄道や電気機関車が走る…。
―――そんなユニークで楽しいカフェなのです。
どんなお店なのかは「開田のポッポ屋さん」の駅長さんのホームページをぜひご覧ください。

IMG_0355-1.jpg


IMG_0359-1.jpg


さて、8月27日、このポッポ屋さんでサランモルによる「トワイライトコンサート」が行われました。
メインの出演者は、サランモルのわたしたち5人。以下、そのレポートです。



夕方5時。
三々五々お客さまもお越しいただき、カフェの庭はお客さまでいっぱいとなりました。
曇っているものの、雨は今のところ心配なさそうです…。

白い絹布を捧げてのユロル(祝詞)によるオープニングのあと、馬頭琴でモンゴルの定番曲3曲、ゲゲゲの鬼太郎、水戸黄門のテーマと進みます。
水戸黄門では、例の替え歌(水戸黄門のメロディーでどんぐりコロコロを)も歌っていただきました♪

あとは、Nさんによる馬頭琴ソロ演奏(「私はモンゴル人」の曲ではYMさんの語りつき)。

馬頭琴の次は、わがサランモルのリコーダーの名手YNさんによる角笛、オカリナ、などの演奏。

つぎはオーナーのAさん(駅長さん)の奥さま(車掌さん?)によるハーモニカ演奏。
美しい和音の部分もある高度なテクニックで、お客さまもサランモルも魅了されてしまいました。
「ハーモニカでこんなきれいな演奏もできるんだ~!」と改めて知らされました。
奥さまは指導者も目指して頑張っておられるとか。納得でした。

IMG_0377.jpg

トランペットの飛び入りがあったり、モンゴルの踊り「安代舞」を皆さんに踊っていただいたりで、会場は盛り上がりました。

IMG_0378.jpg


「見上げてごらん夜の星を」のあと「ふるさと」全員合唱でコンサートは幕を下ろしたのでした。
あ、馬頭琴の体験コーナーもありましたよ。

IMG_0382-1.jpg



お客さまとの距離も近くて、アトホームな雰囲気でした。
サランモルの面々も楽しく演奏できたようですが、お客さまはいかがでしたでしょうか?
楽しんでいただけたなら幸いですが…


「写真が少ないなあ…」ですか?

なんせ、取材班のわたし(T)も馬頭琴の演奏をやっているものですから、なかなか撮影できないのです。お許しください。

というよりも、ポッポ屋さんの奥さまのブログに写真満載で詳しく載っていますので、そちらを見ていただいた方が…(汗)


ポッポ屋さんが昨年夏にオープンされて以来、ひそかに願っていたことが叶った一日でした。
ポッポ屋さん、ご無理をお願いしました。
ありがとうございました。

さて、サランモルの木曽町への遠征は、28日にも続きます。
「木曽の手仕事市」でのワークショップ出店です。そちらもご覧ください。
2011.09.01 Thu l サランモルの活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。