上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 5月7日(日) サランモルのメンバー8人で「愛岐トンネル群2017年春の公開」のトンネルコンサートに出演しました。
さわやかな春の風が吹き、まわりの山は目の覚めるような新緑・・・。、ほんとに気持ちのよい一日でした。
主催者のチラシです。

愛岐トンネル群「2017春の公開」のチラシ


 この愛岐トンネル群は、明治33年に開通し昭和41年に廃線になった中央線の跡地です。赤レンガのトンネルが4基眠っていたのを有志が保存・再生しようと、愛岐トンネル群保存再生委員会の会員が活動しています。

 詳しくは、「愛岐トンネル群保存再生委員会」のサイトをご覧ください。
私たちの2011年秋の初参加のブログ記事もどうぞ。

 愛岐トンネルの公開は毎年春と秋の2回あり、多くの一般市民の方が訪れます。広い会場の中にレンガ広場と名付けられたところがあり、そこでアトラクションとして行われているのが、この「トンネルコンサート」です。私たちサランモルは2011年の秋にお声がかかり、それ以来足掛け7年、連続して参加(出演)しています。サランモルだけでなく、いろいろなジャンルの他のグループも出演します。


 今回のレポートをYoutubeの動画入りでお届けしましょう。全員の演奏の動画はありません。撮影者も演奏のため(泣)
 コンサートはいつものようにユロル(モンゴルの祝詞)で始まります。
愛岐トンネル群のステージ ユロル

 会場のレンガ広場には大勢のお客様。
愛岐トンネル群のステージ 正面から

 レンガ広場の会場風景。ステージは明治の赤レンガが敷き詰めてあります。
お客様の後ろには赤レンガのトンネルが見えます。4基のトンネルのうちの一つ、5号トンネルです。
愛岐トンネル群のステージ 後ろから客席


●ホルチャさんの歌で 「故郷の山」。オルティンドー(長い歌)と呼ばれる民謡で、のどで転がすような独特の小節が独特です。



●ウンドスさんのホーミー弾き語り 「マンドラハンのマハタラ」



●エルドンオチルさんの弾き語り「距離」
エルドンオチルさんは歌の説明で「”距離”という言葉で何が思い浮かびますか? 例えば”遠距離恋愛”を思い浮かべる人もいるかもしれませんね?」と言っていました。ひょっとしたら彼、遠い内モンゴルに恋人がいるのかも・・・。



●馬頭琴合奏 「ジレムハラ」 勇壮なモンゴルの曲を若者4人の合奏でお届けします。
名前を挙げなかったもう一人はエンケホルワさんです。誰も好青年ばかり。


最後に、このレンガ広場以外の会場の写真を1枚だけ。
トンネルを一つ抜けた「マルシェ」の風景です。頭上には鯉のぼりが5月の風にひるがえり、人は弁当を食べたり景色を見たりでくつろいでいました。
マルシェの風景


 モンゴル色の濃かった今回のレンガ広場でのコンサート。ウンドスさん以外の3人の若者とは初顔合わせのようなものでした。日本人ではKさんが加わってくれました。嬉しい限りです。
 お声がかかる間はいつまでもトンネルコンサートに出演したい。そして、モンゴルの青年たちが日本でよい思い出を作り、明るい道を築いてほしいと思った、春の一日でした。


スポンサーサイト
2017.05.18 Thu l サランモルの活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
5月28日、29日は「世界橋の下音楽祭2016」に行ってきました。
文字通り橋の下で行われる、この音楽祭…。知る人ぞ知る、老いも若きも心から楽しめるイベントです。
橋の下世界音楽祭のPRチラシ


会場は豊田市の豊田大橋の下。そこには「ここはモンゴルか!?}と思えるほど気持ちの良い草原が広がっているのです。
毎年5月に開催されており、今回で第5回を数えます。サランモルは今年で3回目の参加です。
今回は、何と我らがリボーさんもステージに登場しました!!
サランモルは、馬頭琴体験とモンゴル衣装試着のブースを出しました。けっこうお客様が押し掛けて(笑)、馬頭琴を弾いたり、モンゴル人になったりで、楽しんでいただきました。

サランモルの仲間はリボーさん、ウンドスさん、ドガラさん(男性舞踊)、ドガラさんのお嫁さん(華栄さん)、フフムレンさん(馬頭琴)、ダゴラさん(モンゴル民謡)、それにYさん、Kさん、T(筆者)。なお、Kさんには特別にお手伝いをお願いしてしまいました。ありがとうございました。

では、1日目、2日目をそれぞれYoutubeの動画1件にまとめましたので、ご覧ください。

まず1日目、5月28日(土)です。
午後からはサランモルのブースにお客様が大勢おいで下さり、大忙し。肝心の写真はほとんど撮影できませんでした。



2日目、29日(日)です。会場は大にぎわいとなりました。
広い会場には、趣向を凝らした品や美味しそう、あるいは怪しげな食べ物飲み物の並ぶブース、生きているのか死んでいるのか草原でいきなり倒れている(寝ている)人、ヤギやウサギ、犬を連れた人、トンカチを振る鍛冶屋さん、アブラのしたたるブタの丸焼き、練り歩くチンドン屋……などなど、パンドラの箱をひっくり返したような、シルクロードの市場のような猥雑で混沌とした世界です。
もちろん、大小5つ?あるステージでは、とっかえひっかえ、コンサートなどが開かれています。
会場の周りにはテント村。おそらく100張りを超すテントの数々。関西、関東からも泊りがけで来ているのです。

リボーさんほかサランモルの仲間たちは昼12時過ぎに草原ステージに登場。
馬頭琴あり、モンゴルの歌姫の民謡あり、トプシュールで弾き語るホーミーあり、モンゴルの男性舞踊ありで、会場はまるで歌舞団が巡業で回ってきたモンゴル草原と化したのでした。



さて、この橋の下世界音楽祭は、ほとんど市民の心意気と、汗と、投げ銭でできている、奇跡のようなイベントです。
主催者はこの「橋の下音楽祭」で日々の苦労を忘れ、イノチの洗濯をしてほしいとコメントしていました。
詳しくは書きませんが、中には眉をひそめる人もいたかもしれません。でも多くの人は自分なりのスタイルで心から楽しんでいるように見受けられました。
リボーさんはじめサランモルの仲間たちもイノチの洗濯ができた2日間でした。



2016.06.03 Fri l サランモルの活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
東海地区の誇る大学といえば、名古屋大学でしょうか。近年では何人ものノーベル賞学者を輩出したことで名をあげましたね。
名古屋大学には立派な博物館があります。博物館としての展示にとどまらず、ホールでは各種のコンサートも度々開催するなど、市民に開かれた意欲的な活動をされているそうです。
同館ではただ今「モンゴル大百科」と銘打って企画展を開催中で、ご縁があってモンゴル音楽のコンサートに出演させていただきました。タイトルは「モンゴルの心 馬頭琴」です。
サランモルの出演者はリーダーのYさんをはじめ、Nさん、Oさん、Fさん、ゲストのフフムレン夫妻、それに私(T)です。

名古屋大学博物館のコンサートチラシ

以下、そのレポートです。
客席は200席を用意されていましたが、開演時刻が近づくと続々とお客様が詰めかけられました。担当の方が急きょ椅子を増やし、結局250人を超すお客様となったとのこと。文字通り立ち見のお客様もいらっしゃったようです。

定刻14時にコンサートは始まりました。
いつものようにユロル(祝詞)のあと、フフムレン夫妻による馬頭琴と歌(オルティンドーというモンゴル民謡のジャンル)が披露され、白鳥、走る馬、ドンカラタラマー、スーホの白い馬(語りつき)、さくらさくら、と続き、最後は草原の太陽でした。


▼サランモルの馬頭琴をバックに歌うダゴラさん。
名大博物館ステージ風景


馬頭琴の演奏だけでなく、ダゴラさん(フフムレンご夫妻の奥様)の素晴らしい歌声、それと語りつきの「叙事曲 スーホの白い馬」など、モンゴルの薫り・響きをお楽しみいただけたのでは?と思います。


▼フフムレンさんの馬頭琴伴奏でダゴラさんがモンゴルの歌うご夫婦のステージです。奥様のダゴラさんの歌声は、豊かな声量と艶やかな高音で、お客様を魅了しました。拍手の大きかったこと…。
フフムレン夫妻によるオルティンドーのステージ

アンコール曲はモンゴル馬をお聴きいただきました。勇壮でモンゴルの草原を感じさせるこの曲。三重奏で演奏しました。

終演後のステージは馬頭琴体験コーナーが始まってしまいました(笑)。
子どもさんも、大人の方も初めての馬頭琴を熱心に体験。
終演後は馬頭琴体験コーナー
終演後は馬頭琴体験コーナー その2


馬頭琴について質問攻め!
熱心なお客様から馬頭琴について質問攻め



いつもはウンドスさんが馬頭琴のリーダーなのですが、今回は参加できませんでした。(彼自身の結婚式のため故郷の内モンゴルへ帰ったのです)
フフムレンご夫妻(下の写真、こちら向きのふたり)は、見事な馬頭琴とオルティンドー(民謡)でウンドスさんの不在のピンチを救ってくれました。感謝感謝です。
向こう向きのお二人は、モンゴルか中国の方でしょうか? なごやかに歓談していました。
フフムレンご夫妻と、たぶんモンゴルの方?が歓談


名大博物館でのコンサートが終わりました。熱心なお客様の眼差しが感じられて、出演者一同、楽しいコンサートとなったような気がします。お客様も楽しんでいただけたらよいのですが…。


2016.05.23 Mon l サランモルの活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
毎年春と秋にお声のかかる愛岐トンネルのミニコンサート。今年2016年春も出演しました。

4月29日(祝)。愛岐トンネル群のレンガ広場。
5号トンネルと6号トンネルに挟まれた広場で、コンサートのステージになるレンガ敷きのスペースがあることから、レンガ広場と呼ばれています。まわりは色濃い新緑の山に囲まれた気持ちの良い空間です。

サランモル全員のオープニング。
サランモル全員


ウンドスさんの馬頭琴とホーミー。 
彼はめきめきと実力をつけています。迫力のホーミーに、会場から どよめきも。
ウンドスさんとお客様
ウンドスさんのホーミー


レンガ広場はそれ程広くはないのですが、いっぱいのお客さまに馬頭琴とホーミーをお楽しみいただきました。

他のグループのステージ風景もお届けしましょう。
アルプホルンの競演です。これだけ大勢のステージは、そうそうないのでは…。
名古屋や美濃加茂から、遠くは長野県大桑村からも駆けつけてくださったようです。
アルプホルンの競演
アルプホルンのステージ(横から)

中央線の「鉄道唱歌」を皆さんで一緒に歌おう、というステージです。
東海道線の鉄道唱歌はよく知られていますが、多くの方は「中央線の鉄道唱歌」があったんだ、と驚かれます。
歌詞には中央線開通を喜ぶ明治の人々の思いが込められているようです。
中央線の鉄道唱歌

愛岐トンネルミニコンサートで、サランモルと並んで(笑)人気の、ティエラ・ブランカというフォルクローレのグループです。
ティエラ・ブランカのステージ


さて、愛岐トンネルの次のステージは秋になります。
今年の公開は11月26日から12月2日までの9日間です。
紅葉の美しい「愛岐トンネル秋の特別公開」でお会いしましょう。
(なお、写真の多くは愛岐トンネル会員のFさんの作品をお借りしました。Fさんありがとうございました)






2016.05.03 Tue l サランモルの活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
11月22日、上天気。
サランモルは今年の秋も愛岐トンネルでミニコンサートに出演しました。

「愛岐トンネル」と書きましたが、「NPO法人愛岐トンネル群保存再生委員会」が保存・整備を行っている旧国鉄中央線の廃線跡地のことで、明治30年代に作られた赤煉瓦のトンネルが会場内に4基残っているのです。
(詳細は、本年5月などの過去の記事をご覧ください)

サランモルの出演者はウンドスさん(馬頭琴とホーミー)、ドガラさん(モンゴル舞踊)、ほかにYさんと私の4人でした。
取材の私も出演者のため、残念ながら写真は少ないです。

ウンドスさんの馬頭琴とホーミー。 会場の雰囲気がわかりますね。
ウンドスさんの馬頭琴
ウンドスさんの馬頭琴とホーミー


この日、会場は大勢のお客様で大賑わいでした。
紅葉の時期なのですが、気温が高めの日が多かったせいか、モミジの色づきはイマイチでした。

ドガラさんのモンゴル舞踊。勇壮な男性舞踊に、会場は沸きました。
ドガラさんんの舞踊
ドガラさんの舞踊



サランモルは愛岐トンネルのミニコンサートにもう6回くらい出演しているでしょうか。
愛岐トンネルのミニコンサート担当の方には、メインとなる日曜日の枠にしっかり予定していただいているようです。有難いことです。

これは別のグループのステージ風景です。
高蔵寺ファミリーバンドのステージ風景


最後に、愛岐トンネル関連の話題をもう少し。
筆者もこの愛岐トンネルの会員になって活動しています。初めてミニコンサートに出演して以来、愛岐トンネルの魅力のとりこになり、早速入会し、作業に汗をかいているのです。
整備作業のほか、春と秋の公開時には、子どもたちに楽しく遊んでもらえるような遊具?を作り、展示します。前回までは「登る遊具」でした。今回はそれに加えて「木琴と竹琴」です。廃線跡地に生えているツバキの木と、竹を使って作りました。
ドレミファソラシドと2オクターブほどの音階が出るので、なんとか曲が弾けます。

木琴と竹琴
木琴と竹琴の会場風景

遊んでもらえるのか心配しながら展示したのですが、杞憂でした。子どもたちだけでなく、大人の皆さんまで楽しそうに遊んでくれました。
また次は何を作ろうか…。来年春の公開が待ち遠しい筆者です。



2015.12.30 Wed l サランモルの活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。